日本料理

食べ物

鰻重(うな重)

重箱の中に飯を入れ鰻の蒲焼を載せ、上から蒲焼のタレをかけた日本料理の一つです。 用いる食器が丼鉢であれば鰻丼と呼びます。料亭では鰻の蒲焼と飯を別の食器に盛って供する店もあります。
食べ物

素麺(そうめん)

小麦粉を原料とした日本および東アジアの麺のひとつです。主に乾麺として流通するため、市場で通年入手できますが、冷やして食べることが多く、清涼感を求めて夏の麺料理として食べるのが一般的です。
食べ物

烏賊飯(いかめし)

イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理です。北海道渡島地方の郷土料理で、下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだ米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたものです。
食べ物

寄せ鍋(よせなべ)

汁を入れた鍋に野菜や魚介類など様々な材料を入れて煮込むものです。地方毎に出汁や具材が異なり、多様な種類が存在します。各地方の名産物が入ることで、特色が出ます。
食べ物

もつ鍋(もつなべ)

牛または豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」)を主材料とする鍋料理です。第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツとされています。博多名物鍋料理でもあります。
食べ物

稲荷寿司(いなりずし)

甘辛く煮た油揚げの中に、酢飯を詰めた寿司の一種です。お稲荷さん、お稲荷、いなりなどとも呼ばれます。各地に特徴的な稲荷寿司があるようです。
食べ物

茶碗蒸し(ちゃわんむし)

茶碗蒸しの具にうどんを加えたものを小田巻き蒸し、具に豆腐を使い、蒸しあげた後に上から葛あんをかけたものを空也蒸しといいます。バリエーション様々です。
食べ物

味噌田楽(みそでんがく)

豆腐やこんにゃく、茄子や里芋などを串に刺し、柚子や木の芽などで香りをつけた味噌を塗りつけて焼いた料理です。
食べ物

イカ(にぎり寿司)

イカ(烏賊)は食用になる種類が多く、軟骨とクチバシ以外ほぼ全身が使わます。寿司の他、刺身・焼き・揚げ・煮物・塩辛・干物など実に多彩です。酒の肴としても好まれ、イカ焼きは、お祭り・海の家の屋台の定番となっている他、イカソーメン・イカめしなどが収穫量の多い地域の特産品となっています。
食べ物

まぐろ(にぎり寿司)

マグロは、刺身、寿司種、焼き魚、ステーキ、缶詰など幅広く食べられています。背中側と腹側では脂肪の含有量が異なり、部位によって「赤身」「中トロ」「大トロ」と呼ばれています。