自然

自然

つくし(土筆)のキャラクター

スギナにくっついて出てくる事から、「付く子」、袴の所でついでいる様に見える事から、「継く子」となったと云われています。「つくしんぼ、つくしんぼう」(土筆ん坊)地域によっては「ほうしこ」(伊予弁等)とも。
自然

玉サボテン

玉サボテン 16世紀後半に南蛮人によって持ち込まれたのが初めとされています。1960年代までは「シャボテン」と表記する例もありました。
自然

葉っぱ

葉っぱは植物がもっている光合成や呼吸を行う器官のことをいいます。
自然

高嶋(円月島)

和歌山県西牟婁郡白浜町の臨海浦に浮かぶ島です。国の名勝に指定されています。円月島(えんげつとう)の通称で名高いく南紀白浜のシンボルの一つです。夕景の名所としても知られます。春分・秋分の時期には、中心部の穴を通して夕日が見えます。
自然

磐梯山(ばんだいさん)

福島県耶麻郡猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる山です。会津富士(あいづふじ)、会津磐梯山(あいづばんだいさん)とも呼ばれています。日本百名山に選定されており、福島県のシンボルの一つとされています。
自然

岩手山(いわてさん)

岩手山(いわてさん)は日本の東北地方、奥羽山脈北部にあり二つの外輪山からなる標高2,038mの複成火山です。岩手県の最高峰であり、県のシンボルの一つとされています。日本百名山にも選定されています。
自然

東尋坊(とうじんぼう)

福井県坂井市三国町安島に位置する崖です。海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25メートルの岩壁が続きます。これほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝に指定されています。
自然

ウルル(エアーズロック)

オーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩です。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロックも広く知られた名称です。
自然

向日葵(ひまわり)

キク科の一年草で、日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、向日葵を音読みしてヒュウガアオイ、とも呼ばれます。
自然

銀杏(イチョウ)

葉の形をアヒルの足に見立てた中国語、鴨脚(イアチァオ)の転訛だとする通説があります。また日本語ではイチョウの実を「ぎんなん」と呼びますが、これは「銀杏」の唐音読み「ぎん・あん」が、連声と呼ばれる現象によって転訛したものだそうです。