キャラクター

動物

サメ(鮫)

サメは獰猛で危険な生物というイメージが定着していますが、人に危害を加えるおそれのある種は20から 30程度とされ、サメ類全体の1割ほどだそうです。
動物

トビウオ(飛魚)

名前の由来は、水上に飛び出し、胸ビレを広げて滑空することから。九州や日本海側ではアゴの別名で呼ばれています。滑空中に急に海中に入る必要が生じた時は、急ブレーキをかけることもでき、また、空中で方向転換も可能です。
動物

カツオ(鰹)

最大で全長3.3 m、体重2.3 t 背側は濃い藍色で、腹側は無地の銀白色。興奮すると腹側に4-10条の横縞が浮き出ます。日本では古くから食用にされていて、大和朝廷は鰹の干物(堅魚)など加工品の献納を課していた記録があります。
動物

マンボウ

最大で全長3.3 m、体重2.3 t にもなり、世界最大の硬骨魚のひとつです。体は側面から見ると円盤型、正面から見ると紡錘形をしています。背びれと尻びれは長く発達し、体の後部から上下に突き出していますが、多くの魚が持つ尾びれと腹びれは持ちません。
動物

フグ(河豚)

漢字で「河豚」と書きますが、「豚」と書くのはこの体型の事を指しているのではなく、フグは身の危険を感じると豚のような鳴き声を発することから「豚」の文字が当てられています。
動物

ネコの表情4変化

元来、ネズミを捕獲する目的で人に飼われ始めたといわれています。 メソポタミアで、穀物倉庫などに現れるネズミやノウサギを狩るために人間の生活圏に頻繁に現れるようになり、次第に倉庫に住み着くようになったのがその始まりであるといわれています。猫は肉食性で穀物は食べないので益獣として認められ追い払われることはありませんでした。
動物

コアラ顔アイコン

体長60-85cm程度、ずんぐりとした体型で、体毛は厚く柔らかく、頭部は大型。外耳は小さく、周囲の体毛が長いため大型に見えます。樹上生活に適応していて、手足には鋭く長い爪のついた5本の指をもっています。そのうち、第1指と第2指を他の3指と対向させて木の枝などをつかむことができます。
動物

鼠(ネズミ)顔アイコン

ネズミのほとんどが夜行性で、よく人間が寝ている間に人間の食料などを食べたりするので、寝盗み(寝ている間にこっそりと人間の食料を盗む)が転じて、ネズミという名がついたといわれています。
動物

かばのこどもカバチャン

カバ(河馬)は、ウシ目カバ科の動物です。頭部は大きく、顔の側面に目、鼻孔、耳が一直線に並んでいるのが特徴です。水中から目、鼻孔、耳だけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られます。
動物

パンダの顔アイコン

日本で一般的にパンダとして知られているのは、ジャイアントパンダですが、パンダとして分類される動物はジャイアントパンダ(大熊猫)とレッサーパンダ(小熊猫)の2種が存在します。