和食

食べ物

たこ焼きのキャラクター

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

牛肉コロッケ

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

無着色明太子

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

千枚漬け

千枚漬(せんまいづけ)は京都の漬物のひとつです。蕪(かぶ)を薄く切って昆布、唐辛子とともに酢漬けにしたものです。
食べ物

おでん

鰹節とコンブでとった出汁に味を付け、さつまあげ・はんぺん・焼きちくわ・つみれ・蒟蒻(こんにゃく)・大根・芋・がんもどき・つみいれ・ちくわ・すじ・ゆで卵、その他いろいろな種を入れて、長時間煮込む料理です。
食べ物

稲荷寿司(いなりずし)

甘辛く煮た油揚げの中に、酢飯を詰めた寿司の一種です。お稲荷さん、お稲荷、いなりなどとも呼ばれます。各地に特徴的な稲荷寿司があるようです。
食べ物

雑煮(ぞうに)

正月に多く食べられる、餅を主とし具材をあしらった汁料理です。雑煮を元来は武家社会における料理であり、餅や野菜、乾燥食品などを一緒に煮込んだ野戦料理だったのではないかと考えられています。
食べ物

ぜんざい(善哉)

主に小豆を砂糖で甘く煮て、この中に餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた日本の食べ物です。 一般的には小豆の粒が存在するものを指して用いられる用語です。
食べ物

天ぷら蕎麦(ソバ)

天ぷらを載せたかけそばです。江戸中期に貝柱のかき揚げなどを載せたのがはじまりだそうです。エビの天ぷらを載せたものが高級とされ、他の天ぷら蕎麦と区別するため、「上てんぷら蕎麦」「えび天蕎麦」と言うこともあります。
食べ物

奈良漬け(ならづけ)

白うり、胡瓜、西瓜、生姜などの野菜を塩漬けにし、何度も新しい酒粕(さけかす)に漬け替えながらできた漬物です。奈良漬けを多量に食べた後に車両等を運転すると酒気帯び運転となる場合があるので、食後に運転する予定がある場合は注意する必要があります。