中華料理

食べ物

餃子

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

炒飯(チャーハン)

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

長崎皿うどん

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

レバニラ炒め

牛または豚のレバーを血抜きして、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえます。大衆食堂や中華料理店で安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれています。
食べ物

中華まん(ちゅうかまん)

小麦粉、水、砂糖、イースト、酵母、ベーキングパウダーなどをこねて発酵させて作った柔らかい皮で具を包み、蒸し上げたまんじゅうです。一般的には豚肉などを使用した肉まんや小豆餡のあんまんが多いですが、近年ではピザまん、カレーまんなど、多様な変り種の中華まんも販売されています。
お菓子

月餅(げっぺい)

中国の菓子の一種です。月に見立てた丸く、平たい形は共通ですが、中国各地で大きさ・材料・中に詰める餡などには違いがあり、いわれについても色々な説があります。
食べ物

焼き餃子(ぎょうざ)

小麦粉に水を加えて薄くのばしてつくった皮で肉、エビ、野菜などで作った具を包み、茹でたり、焼いたり、蒸したり、揚げたりした食べ物です。それぞれ、調理の形態によって茹で餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などと呼ばれます。
食べ物

焼売(シューマイ)

材料には主に豚ひき肉と玉ねぎのみじん切りを使用し、彩りとして頭頂部にグリーンピースが載せられます。餃子と同様に焼いて食べる事があり、また油で揚げて「揚げ焼売」にしても食べます。おでんの種など煮物に使用する事もあります。
食べ物

ブロッコリー炒め

ブロッコリーは地中海沿岸が原産地です。 食用とするのは蕾の状態の花序と茎で、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつけるそうです。