食べ物

食べ物

素麺(そうめん)

素麺(そうめん) 小麦粉を原料とした日本および東アジアの麺のひとつです。主に乾麺として流通するため、市場で通年入手できますが、冷やして食べることが多く、清涼感を求めて夏の麺料理として食べるのが一般的です。
食べ物

から揚げ(唐揚げ)

から揚げ(唐揚げ) 食材に衣を付けずに揚げる料理・調理は素揚げとも言い、鎌倉時代などには精進料理の揚物として、江戸時代には油揚とも呼ばれました。
食べ物

バスケットに入った食パン

バスケットに入った食パン ピクニックや、食卓に置くバスケットに入れた食パンです。
食べ物

烏賊飯(いかめし)

烏賊飯(いかめし) イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理です。北海道渡島地方の郷土料理で、下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだ米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたものです。
食べ物

寄せ鍋(よせなべ)

寄せ鍋(よせなべ) 汁を入れた鍋に野菜や魚介類など様々な材料を入れて煮込むものです。地方毎に出汁や具材が異なり、多様な種類が存在します。各地方の名産物が入ることで、特色が出ます。
食べ物

もつ鍋(もつなべ)

もつ鍋(もつなべ) 牛または豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」)を主材料とする鍋料理です。第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツとされています。博多名物鍋料理でもあります。
食べ物

牛タン(ぎゅうタン)

牛タン(ぎゅうタン) 牛肉食文化が近代になって普及した日本ですが、もとは畜産副産物として、牛解体時に生じる正肉以外の部分、モツ(内臓)をも食べる習慣の広がりとも相まって、牛タンは既に広く親しまれた食材です。
食べ物

千枚漬け

千枚漬け 千枚漬(せんまいづけ)は京都の漬物のひとつです。蕪(かぶ)を薄く切って昆布、唐辛子とともに酢漬けにしたものです。
食べ物

おでん

おでん 鰹節とコンブでとった出汁に味を付け、さつまあげ・はんぺん・焼きちくわ・つみれ・蒟蒻(こんにゃく)・大根・芋・がんもどき・つみいれ・ちくわ・すじ・ゆで卵、その他いろいろな種を入れて、長時間煮込む料理です。
食べ物

チキンライス

チキンライス 細切れの鶏肉を混ぜた米飯をトマトケチャップで味付けした、日本の焼き飯料理です。チキンライスは大正時代にはチッケンライスと呼ばれ、鶏肉、人参、玉ねぎを炒め、研がずにぬかを落とした米をバターで炒め、最後に釜に材料を全て入れ、...