灰皿(はいざら)

灰皿(はいざら)
灰皿(はいざら)
煙草の灰を入れる容器として使用されるほか、煙草の火を押し付けて消すなどの用途にも用いられるため、耐熱性が必須でした。煙草の吸殻のほか、マッチが利用されていた時代には、これの燃えさしを捨てるためのものでもありました。