陸の動物

動物

牛(ウシ)のコックさん

牛(ウシ)のコックさん 食用では肉牛として牛肉や牛脂を、乳牛として牛乳を採るために飼養され、また役牛として農耕(耕牛)や運搬(牛車)などのための動力として利用されてきました。スーパーマンのような牛さんです。
動物

ネコの表情4変化

元来、ネズミを捕獲する目的で人に飼われ始めたといわれています。 メソポタミアで、穀物倉庫などに現れるネズミやノウサギを狩るために人間の生活圏に頻繁に現れるようになり、次第に倉庫に住み着くようになったのがその始まりであるといわれています。猫は肉食性で穀物は食べないので益獣として認められ追い払われることはありませんでした。
動物

コアラ顔アイコン

体長60-85cm程度、ずんぐりとした体型で、体毛は厚く柔らかく、頭部は大型。外耳は小さく、周囲の体毛が長いため大型に見えます。樹上生活に適応していて、手足には鋭く長い爪のついた5本の指をもっています。そのうち、第1指と第2指を他の3指と対向させて木の枝などをつかむことができます。
動物

鼠(ネズミ)顔アイコン

ネズミのほとんどが夜行性で、よく人間が寝ている間に人間の食料などを食べたりするので、寝盗み(寝ている間にこっそりと人間の食料を盗む)が転じて、ネズミという名がついたといわれています。
動物

パンダの顔アイコン

日本で一般的にパンダとして知られているのは、ジャイアントパンダですが、パンダとして分類される動物はジャイアントパンダ(大熊猫)とレッサーパンダ(小熊猫)の2種が存在します。
動物

コンコンきつねの顔アイコン

キツネは油揚げを好むという伝承にちなみ、稲荷神を祭る神社では、油揚げや稲荷寿司などが供え物とされることがあります。ここから、「きつねうどん」「きつねそば」などの「きつね」という言葉は、その食品に油揚げが入っていることを示します。
動物

うさぎの顔アイコン

外敵から身を守るために発達した四方に旋回する大きな耳と脱兎のごとくなどと例えられるような俊足ぶりや、立って遠くの音を聞くことが出来るように発達した長い足が特徴的です。干支のひとつです。
動物

豚さん顔アイコン

民話、西遊記等の古典小説、寓話・童話、アニメーション等に、擬人化されたキャラクターとしてよく登場します。愛嬌があって優しそうだけど、けっこう凶暴な面もあります。豚の角煮はうまい。
動物

サルさん顔アイコン

おサルさんの顔をアイコンにしました。仕草が人間の子どものようで、とてもかわいいです。生物学的観点から見れば、正確にはヒトもサルだそうです。
動物

熊さんハンコ風アイコン

クマさんの顔アップをハンコ風に描きました。小さく縮小して、アイコン等にご利用下さい。