調味料

食べ物

七味唐辛子(しちみとうがらし)

唐辛子を主とした香辛料を調合した日本の調味料(ミックススパイス)です。しばしば、「七味(しちみ)」と略されることもあります。
食べ物

黒砂糖(くろざとう)

サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖です。甘味料として用います。ミネラル分を豊富に含むことから健康食品として扱われることも多く、主に健康食品売り場や郷土産品売り場などで販売されています。日本では沖縄県や鹿児島県の特産品として作られています。
野菜

大蒜(ニンニク)

肉の臭みを消し、料理に食欲をそそられます。香味野菜の代名詞的存在であり、中国料理、イタリア料理、フランス料理、など、さまざまな料理に用いられます。
食べ物

サラダ油

サラダ油(サラダゆ、サラダあぶら)は、精製植物油の一種で、指定された9種の原材料のうち、いずれかを用いた日本の食用油類の総称です。 主流であるキャノーラ油を指してサラダ油と称される事が多いようです。
食べ物

タバスコ

赤い色をした製品が多く、ぴりっとした刺激的な辛さが特徴で、世界的にホットソースの代名詞となっています。調味料として各種料理に使用されています。
野菜

ラッキョウ(らっきょう)

特有の強い匂いと辛味を持っています。この匂いはニンニクやニラと同じアリル硫化物で、 主に塩漬け、甘酢漬け、醤油漬けで食べます。カレーライスのつけあわせ(薬味)として、福神漬とならんでポピュラーな存在です。また薬効も多いとされています。
食べ物

ワサビ(山葵)

ワサビ(山葵)は、アブラナ科ワサビ属の植物。日本原産。食用。独特の強い刺激性のある香味を持ち、日本原産の香辛料として、以前から、欧米や東南アジアで認知度の高まりを見せていますが、東欧では自産のセイヨウワサビが伝統的に出回っています。
食べ物

食卓塩

料理に振りかけられるよう小瓶などに入れて食卓に供される塩。日本では塩事業センターから「食卓塩」という商品名で精製塩に湿気止めの炭酸マグネシウムを加えた製品が販売されています。
食べ物

ケチャップ

日本のトマトケチャップは、明治期にアメリカから伝わったものが最初とされます。国産製品は1896年に横浜で清水與助が創業した清水屋が、1903年に製造販売を開始したという記録が横浜開港資料館所蔵の資料に残っており、これが最初の国産ケチャップであると考えられます。
食べ物

マヨネーズ

食用油・酢・卵を主材料とした半固体状ドレッシングです。卵は卵黄のみ使用するものと全卵を使用するものがあります。 当初はフランス料理の肉用のソースの一種でしたが、サラダをはじめ調味料として様々な料理に広範に利用されています。