海の動物

動物

カクレクマノミ

現存する最大の動物種であるだけでなく、かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜や動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されています。
動物

ヒトデのキャラクター

動きの遅い底性動物です。棘を動かし、また管足を使ってゆっくりと移動しますが、普段は岩に張り付いている場合が多く、岩のくぼみなどに入り込んでいるものも多いようです。
動物

新鮮イカのキャラクター

元来、ネズミを捕獲する目的で人に飼われ始めたといわれています。 メソポタミアで、穀物倉庫などに現れるネズミやノウサギを狩るために人間の生活圏に頻繁に現れるようになり、次第に倉庫に住み着くようになったのがその始まりであるといわれています。猫は肉食性で穀物は食べないので益獣として認められ追い払われることはありませんでした。
動物

白長須鯨(シロナガスクジラ)

現存する最大の動物種であるだけでなく、かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜や動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されています。
動物

金魚(きんぎょ)

金魚は、フナの突然変異のなかから、橙色のヒブナを選択し観賞用に交配を重ねた結果生まれた観賞魚です。色は成長とともに変化することもあり、クロデメキンなど黒い色をしたキンギョでは数年経過してから褪色が始まり、金色に なってしまうこともあります。
動物

錦鯉(ニシキゴイ)

観賞用に養殖した変種で、黒以外の鯉を色鯉(イロゴイ)、特に赤い鯉を緋鯉(ヒゴイ)、特に観賞魚として色彩や斑点など、体色を改良されたものを錦鯉(ニシキゴイ)といいます。日本の国魚です。
動物

ウミガメ(海亀)

海中を羽ばたくように泳ぐ姿は優雅にも見えますが、敵から逃げる際などはかなりの速度で泳ぎます。甲は上下に平たく、後方に向かってすぼむ水滴形、もしくはハート形をしています。
動物

イルカ(海豚)

ほとんどが海に生息しますが、カワイルカ類のように淡水である川に生息する種類や、淡水と汽水域を行き来する種類もいます。 頭頂部に呼吸のための独立した噴気孔をもち、そこから肺呼吸をします。
動物

サンマ(秋刀魚)

体は細長く、上下顎はくちばし状で下顎は上顎より突出した形状です。背鰭の後方に6個程度、尻鰭の後方に7個の程度の小離鰭をもち、胃が無く短く直行する腸が肛門に繋がります。
動物

ナマコ(海鼠)

体が細長く口が水平に向くなどの特徴を共有する一群です。世界に約1,500種、日本にはそのうち200種ほどが分布します。食用になるのはマナマコなど約30種類。寿命は約5-10年です。