植物

自然

玉サボテン

葉っぱは植物がもっている光合成や呼吸を行う器官のことをいいます。
自然

葉っぱ

葉っぱは植物がもっている光合成や呼吸を行う器官のことをいいます。
自然

向日葵(ひまわり)

キク科の一年草で、日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、向日葵を音読みしてヒュウガアオイ、とも呼ばれます。
自然

銀杏(イチョウ)

葉の形をアヒルの足に見立てた中国語、鴨脚(イアチァオ)の転訛だとする通説があります。また日本語ではイチョウの実を「ぎんなん」と呼びますが、これは「銀杏」の唐音読み「ぎん・あん」が、連声と呼ばれる現象によって転訛したものだそうです。
自然

楓(カエデ)

カエデ(槭、槭樹、楓)とはカエデ科、カエデ属の木の総称です。 モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれますが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もあります。赤・黄・緑など様々な色合いを持っています。
自然

ハイビスカス

南国沖縄に咲く花です。南国のイメージをまとった植物として広く親しまれています。
自然

サボテン

サボテン(シャボテン)はサボテン科に属する植物の総称です。その多くは多肉植物であるため、多肉植物の別名として使われることもあります。
自然

どんぐり

ドングリを秋から冬にかけての重要な食料としている動物の中に、ネズミ類、リス類、カケス類のように林床に少数ずつ分散して埋蔵貯食するものがあります。