和菓子

お菓子

バナナカステラ

童話『ヘンゼルとグレーテル』に出てくるお菓子の家。
お菓子

梅ヶ枝餅(うめがえもち)

福岡県太宰府市で販売されている餅菓子です。小豆餡を薄い餅の生地でくるみ、梅の刻印が入った鉄板で焼く焼餅で、出来上がると中心に軽く梅の刻印が入るようになっています。
お菓子

柴舟(しばふね)

柴舟(しばふね)は、加賀百万石の伝統銘菓です。石川県金沢市で作られている和菓子です。 柴を積んで川面を渡る川舟を柴舟(しばふね)と呼び、その形に似せて煎餅を反らし、生姜汁と砂糖を丹念に塗った伝統銘菓です。
お菓子

今川焼き

小麦粉を主体とした生地に餡を入れて金属製焼き型で焼成した和菓子です。その形状からの由来や販売店名を使用するなど、地域や店舗毎に多数の別称が存在します。
お菓子

瓦せんべい

堅焼きのものが一般的ですが、柔らかく仕上げた「やわらか焼」も製造されています。屋根瓦を模した、角に切欠きのある四角形を湾曲させた形状で、大きさは、手のひら大から実際の瓦のサイズまで様々です。
お菓子

桜餅(さくらもち)

桜にちなんだ和菓子です。よく知られる代表的なものは餅を葉で包んだ和菓子の一つで、塩漬けで香る桜の葉を用います。雛菓子のひとつ。春の季語です
お菓子

醤油餅(しょうゆもち)

米粉に醤油と砂糖を入れて練り上げ、丸めて蒸した松山市の郷土菓子です。
お菓子

金長まんじゅう

チョコレートを練りこんだ皮に白餡を包んだ饅頭です。なまえの「金長」は、地元に伝わる民話である『阿波狸合戦』の狸の名前からとられています。
お菓子

へんば餅

三重県伊勢市の有限会社へんばや商店が製造販売する丸く平らに潰した形の餅です。名前の由来は「返馬」(へんば)から来ているとされ、各地から馬等で伊勢神宮を参拝する人達が宮川を渡る際に、馬を返させる場所があり、そこで振舞った茶菓子であることから付けられた名前だそうです。
お菓子

身延饅頭(みのぶまんじゅう)

直径10cm程度の焼印が押された小判上の茶色い饅頭の中に漉し餡が入っています。小麦粉に味噌を練りこんで作った皮を漉し餡を包んで蒸して作られているので柔らかく、餡の甘みに味噌のほんのりと塩味が利いているので日本茶とよく合います。