草加せんべい

草加せんべい
草加せんべい
大正時代には、「天皇家が召し上がったおいしい草加の煎餅」といわれ、江戸時代には街道の名物になり、広く「煎餅」として知られるようになりました。現在でも、草加市内には煎餅の製造所や販売所は70軒以上存在しています。