串カツ(くしカツ)

串カツ(くしカツ)
串カツ(くしカツ)
肉や野菜などを串に刺して、衣を付け油で揚げた日本のカツ料理です。江戸の屋台では、串に刺した揚げ物(天ぷら屋台)があり、江戸時代から存在していた料理です。