鉛筆(えんぴつ)

鉛筆(えんぴつ)
鉛筆(えんぴつ)
紙に書くために使われます。鉛筆の片側の末端部分を削って露出させた芯を紙に滑らせると、紙との摩擦で芯が細かい粒子になり、紙に顔料の軌跡を残すことで筆記されます。